初産後、義母が大嫌いになった話⑥

こんにちは、ちあき です。

帰りたくない家と化した我が家ですが、帰らなくてはなりません。

その前に、休みが取れたという義父まで、年末年始に来ていたのでした。

忘れてた。

義父の来訪

ただでさえ手狭な家に、年末年始義父が泊まりにきました。

義母も義父も飛行機代はこちら持ち。

お金がないからです。

我が家に対して借金もあります。

それでも生きていて恥ずかしくないのが、義両親クオリティー。

いい加減にして欲しいです。

到着して家に着き、

「狭いなー」

と義父。

じゃあ帰れよ、ほら早く。

誰に金出してもらってのこのこ到着してんだよ。

私は酒飲まないのに、あなた方のためにいくら酒代に使ってると思ってんの?

狭くて嫌ならホテルでも自腹でとって泊まれよ。

払えないからうち来てんだろう?

文句言ってんじゃねーよ。

でも、義父が来て義母と観光に出かけてくれたおかげで、少しだけ平和でした。

義母が生産する生ゴミをみんなで食べないといけないのは拷問のようでしたが、夫婦と子供だけの休日は貴重でした。

そもそもおかしい事は

私の両親は初孫でも近寄れないのに、なぜ妻の両親は我が家に泊まって孫と触れ合えるのか?

という素朴な疑問、不公平感が底知れぬ怒りに変わっていったように思います。

妻は私の両親が嫌いです。

会えば帯状疱疹が出るほど嫌いです。

私は妻が一番大事です。

だから、実の親でも妻のためなら切り捨てる覚悟で遠ざけました。

飛行機など取ったこともありません。

4時間の道のりを車で来てもらって、日帰りさせるか、ホテルをとり泊まらせて翌日帰ってもらいます。

家には入れません。

なぜなら、妻が耐えられないから。

それなのに、なぜおまえらは家に入っていいんだ?義両親たちよ。

妻が耐えられないのと同じように、

俺だって耐えられないんだよ、他人と居るのは。

なのに我が物顔で出入りして

旅費は俺に出してもらって

食費も俺に出してもらって

何様のつもりなんだよ。

妻にとっての優先順位

結局、妻は私より親が大事だということが如実に現れて、私は悲しかったのだと思います。

妻にとったら義母に冷たい態度の私が気にくわないんでしょうけど

2ヶ月半も私の親と一緒にいるのそっちだって無理だろって話で

「我慢してもらうしかない」ってどの口が言うんだよ、って話ですよね。

私と義母の関係がよくないから妻は「私だって疲れる」というけど、

それを言うか?

私も実家に妻と帰省するとき毎回疲れていたのに、あなたは私のために我慢などしなかったではないか。

だから私が義母を嫌いで空気が悪くてもそれこそあなたの言う「我慢してもらうしかない」に該当するだろう。

そのときに、母親の肩を持つ、というのは、裏を返せば

「あなたは辛くて当たり前だけど、母親の方が大事だから、我慢してね」

ということになるんですよね。

それってマザコンじゃね?

よく嫁さんが旦那さんに愚痴るやつじゃね?

親離れできてないとかなんとか言っといて、そっちこそできてへんやんけ

という話です。

嫁が旦那側の義母のことを悪く言って当然だけど、旦那が妻側の義母のことを悪く言うと

「娘と母は別」

とか

「子育てが大変だから」

とか

謎理論で正当化される風潮は本当におかしいです。

娘だって結婚したら別々の家庭の「妻」になるんだから妻側の家族は「よその家」なわけでいくらでも入り浸っていいはずではない。

なぜなら結婚した時点で2人の親は自動的に「他所者」なんだから。

大変とか子育てとか関係ない。

新しくつくろうとしている家庭より昔いた家庭を取ることと同じなんです。

妻が親を旦那より大切にする、ということは。

そんなこんなで、私の妻に対する期待は徐々に冷めきっていきました。

私は自分と同じかそれ以上に妻を大切に思って、今までの家族を切り捨ててもいい、とさえ思って一番に考えてきたのに、あなたにとっての一番はいまだに親で、私は3番目以降のわりかしどうでもいいような立ち位置なのだと、思い知らされたのでした。

私は、誰からも大事じゃない。

ならば、私だけでも、私を大切にしなきゃ、誰も私を大切にする人はいないじゃないか。

そのことに気づけたのは、よかったのかもしれないな、といま思います。

ではまた今度。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする