初産後、義母が大嫌いになった話①

こんにちは。

皆さんは義母(義理のお母さん)と仲良くできていますか?

私は夫の立場ですが、妻のお母さんが死ぬほど嫌いになってしまいました。

と、いうのも、

「産前産後2ヶ月半に渡り居座られたから」

です。

産前1ヶ月前に義母襲来

昨年末出産の予定日を迎える妻は初産を控えて不安だったこともあったのでしょう。

「早めにきてもらおう」

と言い出しました。

当時、義母のことを嫌いではなく、むしろ好きな方だった私は、気楽に考えていて、

「いいんじゃない?好きなタイミングで来てもらいなよ」

と言ってしまいました。

これが最大の過ちだったと気付くのは、もう少し後の話。

義母は「観光がしたいから」という理由で

産前1ヶ月前を指定してきたのです。

飛行機はもちろん、こちらもち。

まぁ、当時はよく知らなかったので、

「大体みんなそんなもんなのかな?」

と思っていましたが、

今思えば明らかに早過ぎです。

1ヶ月も前にきて、何すんねん。

案の定、大したことは何もせずただいるだけだったわけですが。

しかもなんか風邪引いてる

しかも、空港に迎えにいくと、

なぜか風邪を引いているではないか。

咳や鼻水をバシバシ飛ばしながら、空港の到着ラウンジから現れたときには、空いた口が塞がりませんでした。

何、体調崩したままきとんねん。

風邪治してからこいや。

「大丈夫ですか?」と訊ねると

「大丈夫大丈夫!ちょっとしんどいくらいだから、ゆっくりさせてもらったらすぐ治るから!」

いや、自宅でゆっくりしてしっかり治してから来いよ。

身重の妻にうつったらどうすんだよ。

ていうかインフルの予防接種は受けたのか?

受けてないらしい。

ありえんやろ。

到着した時点でかなり「ん?」ってなったけど、まぁ他ならぬ妻の要望だしな、と飲み込んで自宅に迎え入れました。

遠慮のカケラもない態度

私たちの家はマンションを会社が借り上げた社宅扱いで、2LDKしかありません。

リビングダイニング、寝室、ほぼ物置と買っている犬たちのウンチ部屋と化したもう一室。(犬が2匹います。)

つまり、かなり手狭な間取りになっています。

義母が泊まるためには、

①寝室を差し出すか

②リビングに布団を敷くスペースをつくるか

しかなかったので、

どちらか選んでもらい、②に決まりました。

こうして「リビングに義母が寝泊まりする」という実にエグい環境が整いました。

到着するなり、リビングのソファーに「どーん」と効果音をつけたくなるくらいくつろぎ始めた義母は、

ダイニングテーブルに備え付けの椅子に座る私の方に足の裏を向けて足を組み始めた。

ん?

それ失礼じゃね?

家長の俺に足向けるのってマナー悪過ぎじゃね?

つーか厚かましすぎじゃね?

いやいや、娘の家とはいえ、もう結婚して夫と生きてるんだから、娘の家でも「他人の家」であって、

「狭いところですが、おられる間はどうかくつろいでくださいね。」

ってのは社交辞令だよ?

「まぁなんとかなるわ。慣れるからすぐ。」

って足組みながら返事を返すのって

人としてどうかと思うよね。

もうは私はこの時点でかなり生活に不安を感じてきていました。

まぁでもせっかく来てくださったし

ということで、観光に行くのに車出したり

良さげな店を予約してディナーしたり

歓待しました。

義母に苛まれる地獄の日々

その日から地獄がスタートしました。

初日の夜「お風呂お先にどうぞ」と言い、

来客だしな、と気を遣って言ったのですが、

その日から帰るまで、毎日一番風呂。

しかも17時ごろに勝手に沸かして入ってやがる。

私が帰ってくる18時にはお湯と水の狭間のような温度になっています。

「追い焚きしな〜」

いやいや、追い焚きすんのめっちゃガス代かかるんだよ?

その金払うの俺なんだけど?

なんでお前の入る時間に毎日合わせなきゃいけないんだよ。

なんで毎日お前の洗い汁を再度あっためて入らなきゃいけないんだよ。

一体なんの拷問だよ。

続きはまた、後ほど。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする